立ち並ぶ家

宅地にするため

一軒家やマンション等を建築する際によく行われるのが宅地造成です。宅地造成とは、田畑や原野等を宅地に転換するための工事です。田畑等のままでは建築に支障を来しますし、農地法上でもそのまま家を建てることには問題があります。宅地造成の費用はその面積にもよりますが、数十万円から百万円程度が相場のようです。土地の状態にもよりますが、地盤が非常に弱い場合だと、その分工事期間が長くなったり、費用が多くなったりするようです。 通常家を建てる前に造成工事が行われます。宅地造成工事は農地を転用するには必ず必要となるものです。宅地造成を行うことで家を建てるようになるわけですが、そもそもが宅地の場合はその必要はありません。

宅地造成は日本中で多く行われていますが。宅地造成を行うということはそれだけ農地が減少していくということにもなります。しかし、宅地を持っていない方は農地を転用して家を建てる方法が一番コストがかからないと言われています。 宅地造成を行う場合は、建築主体工事を発注する業者に一括して発注することが普通です。土地を新たに購入するとなるとけっこうな金額が必要になりますが、自分で保有している農地を宅地造成した場合は、数十万円で済む場合もあります。業者を選択する場合は、業者の評判や実績、価格、信頼性を総合的に判断して決めることをおすすめします。価格ばかりに目が行きがちですが、一番大事な点はその業者の信頼性です。